ED治療は全額自己負担はなぜなのか?

薬代は安価な海外ジェネリックの選択

生涯、500万円をED治療薬代に費やしますか?

世界的に見てもED治療に保険適用されていないのは世界的に見て「G7(米・英・独・仏・伊・日・加)の中でも」日本だけです。

世界では保険適用でEDジェネリック薬品が積極的に利用されています。

ED治療薬ではED根本治療は出来ない?

厚労省

過去にED治療薬の製造販売元が日本厚労省へ保険適用申請をしましたが不許可とされました。
厚労省の回答は「ED治療薬は医薬品であるものの、勃起不全を根本的に治療するものではなく、一時的に改善させる“生活改善薬”である為、保険の適応はない』

このように基本的な考え方は保険適用外となる「薄毛(AGA)治療薬、経口避妊薬、禁煙補助薬」等も当てはまります。

日本で海外通販でジェネリック薬品が強く求められる要因が、このような背景があります。

保健が適されませんので病院にてED治療を行えば平均「2,000円/錠」位からになります。
4回/月にセックスをする場合ですと薬代だけで8,000円/月となります。
これが海外ジェネリックのカマグラゴールドですと「100円/錠」以下となるのですから、どれほど経済的なのかが分かります。

ジェネリックも効果は同じ
ジェネリックも効果は同じ(参照:三越屋)

海外ジェネリックは安すぎて不安ですか?

ジェネリックは開発費低・人件費や関係コストも低(参照:三越屋)
ジェネリックは開発費低・人件費や関係コストも低(参照:三越屋)

海外のジェネリックが安いのではなく日本の薬代が国際比較でも高すぎるだけです。
例えば、カマグラの製造国現地での仕入れ価格は50円/箱(4錠入)以下なのです。
大量に仕入れが出来れば、さらに安くなっています。

一番、薬のネット通販においてコストが高いのは飛行機便になります。

ED治療薬も乱暴な言い方をすれば成分を固めただけです。
*製薬工場で流れ作業で錠剤に固めているだけです。
例えば「携帯電話」の材料や製造コストなどと比べれば遥かに低く、容易に作られています。
薬で一番コストがかかるのは、新薬の研究、開発になるでしょう。

つまり、海外ジェネリック(後発薬)のカマグラゴールドが1錠100円以下でも決して安すぎる事はありません。

日本でも薬価だけでもれば、それほど大きな違いはありません。

ED治療の生涯医療費に約500万円を支払いますか?

クリニック治療で生涯約500万円
クリニック治療で生涯約500万円

日本では病院で自由診療で保険適用なので費用は自由に設定できます。
クリニックによっては診察料を低く抑えて、薬代を高くしたりしたりもしています。
ED治療薬はだいたい2,000円~3,000円/錠ほどとではないでしょうか。

1ヵ月4錠としても1万円/月位が平均では無いでしょうか?
これらは、薬代よりも、その他、諸々の人件費(配送、管理費)などから、このような金額なります。

繰り返しますが、海外ジェネリックが安すぎるのではなく、病院処方は薬代以外の「関係コスト」が高いのです。

実際、EDクリニックは診断も簡易なモノで、少し利口な患者ですと、初回は診察(相談)を受けて次回からは海外ジェネリックを購入する人が多くなります。

重要な点は、1回の金額はそれほど大きな負担ではありませんが、ED治療は一生付き合って行く必要コストになります。

老人ホームに入るころにはED治療薬は不要?

つまり、男性の平均寿命は80歳で30歳からEDになった場合、生涯現役として50年間、ED治療薬を使用、4回/月(8,000円/月)とすると
年間9万6千円で、一生涯:4800,000円の出費となります

これがカマグラ(ジェネリック)ですと、24万円/生涯費用と大きな開きになります。

50歳過ぎたらED治療薬なんて不要でしょう?、、、ということありません。
男性の性欲は弱くなりはしますが、なくなることは無いでしょう。
では、10年、20年でのコスト計算をしてみてください。

海外医薬品は送料が高額ですか?

送料有料サイト
送料有料サイト

個人輸入代行の中でも上記のように下の方に小さく別途送料が請求が記載されていたりします。
一般的に普通の配送履歴が確認できる国際郵便でもED治療薬のカマグラゴールドですと軽量ですので送料代金は約500円位になります。

以下のような「送料無料」としているサイトもあります。

カマグラ送料無料サイト(三越屋)
カマグラ送料無料サイト(三越屋)


厳密にいうと商品代金の中に送料が組み込まれていますので「明朗会計(めいろうかいけい)」ですので面倒な送料計算をしなくてすみます。

個人輸入(通販)は税金がかかりますか?


ここでは医薬品の個人輸入に限定して言及しますが、
関税は無税ですが、以下の制限を超えた場合は「消費税8%」の支払いが必要になります。

関税が無税の条件は、商品代金が16,666円以下となっています。

<少し詳細な計算>
税関のホームページをみますと「1万円以下」となっていますが以下のような計算式が使われます。

個人輸入(輸入した本人が使用することを目的として輸入する場合)に関してはの税金の計算は、

個人輸入の課税価格=商品の小売価格の60%×関税率

つまり、16,666円以下であれば課税価格は9,999円(1万円以下)になるので、非課税になります。

税関で受け取り拒否されませんか?

心配なのは本当に個人で輸入で必要な書類の提出や税金の請求では無いでしょうか?

個人輸入では通常は何も手続きが不要ですし、上記の購入金額や以下制限を守ればご自宅までお届けされます。

税関で荷物検査時に受け取り出来ない場合は以下のような場合です。
1.1ヵ月以上分の医薬品を輸入する場合(個人輸入として取り扱われない)
2.対象効能が異なる性別の方が輸入する場合(個人輸入として取り扱われない)
3.「禁止薬品」として指定されている薬の場合

*以下のような個人輸入代行サイトならば安全にお取引が出来ます。
1.「禁止薬品」の取扱いはない
2.大量購入をしても「分割配送(1か月分)」をしてくれる
3.性別の確認がメールにて行われ商品が配送される

参考:三越屋(個人輸入代行)

ED治療薬の偽物、模造品が流通した時代

海外ジェネリック医薬品も安全になった
海外ジェネリック医薬品も安全になった(参照:三越屋)


1990年代にED治療薬がこの世に生まれた当時は多くの偽物や模造品が出回っていました。
現在は海外ジェネリック市場も安定しており、偽物や模造品は殆ど見かけられなくなりました。
それよりも、「サプリメント」「健康食品」に「医薬成分」混入の製品が税関で多く発見されるようです。

《偽物が世に出回って原因》

オオサカ堂サイト強制閉鎖
オオサカ堂サイト強制閉鎖


1.中間販売業者(代理)も本物と偽物の区別がつかない
2.ネット上に偽物販売広告が氾濫していた(検索、メール広告)

最近、Google検索などをして気づいている方も多いと思いますが、依然と比べて「スパム」広告サイトが非常に減ったと思いませんか?

有名な例としては個人輸入代行の「オオサカ堂」を不正薬局として強制的に閉鎖させられました。
以前のドメイン名:osakado.ccですが、ドメインを管理しているレジストラより当ドメインを使用できなくされました。

主体としては「レジスクリプト」というアメリカの民間会社による活動です。


海外医薬品販売業者とアメリカ医薬団体の関係性からも、オオサカ堂が閉鎖される事の公平性には疑問を感じますが、個人輸入代行は合法なのですからオオサカ堂も法的手段に出てドメインの使用の再開を訴える事も出来たはずですが、泣き寝入りした事からも何か後ろめたい事があったのではないでしょうか。

近年においては、偽物や模造品を扱っているサイトが減った事により安心して海外ジェネリックが利用しやすくなったと思います。

最近注意したい個人輸入代行サイト

今回、個人輸入代行のサイトを色々と調べてましたが、気になった検索上位に来る胡散臭い個人輸入代行サイトです。

うさん臭さNo.1:「ベストお薬」
GoogleのSEOをご存知の方ならば、すぐに意味が分かるかと思いますが、
以下のような医薬品名を沢山入れた「文字(キーワード)サイト」が複数作成されており、アクセスすると直接「ベストお薬」のサイトに強制移動させられます。

このようなサイトから強制的にリンクされていますが、このようなサイトが複数発見できました。

他にも怪しい個人輸入代行がありましたら更新します。

クリニックが広告費に高額な報酬を出している件

最近、海外ジェネリックのカマグラを安く購入したくネット検索しても、クリニックの情報が沢山出てきませんか?

嘘の記事を書くアフィリエイターの存在をご存知ですか?


アフィリエイト報酬というのは、作成したWEBサイトからクリニックに連絡したり、通院すると報酬が貰えるのです。
1件あたり、5,000円~20,000円と条件によって異なりますが高額の報酬を出しています。

これらの金額をどのように考えるかは「ED患者」次第でしょうが、これだけの広告費を出しても利益が出ているのがEDクリニックという事です。

つまり、

1錠2,000円のクリニック処方箋薬と比較して、
1錠100円以下のカマグラゴールドの海外ジェネリックが安すぎると品質を心配するのはビジネスの手法が違います。

個人輸入代行は安く仲介して「薄利多売」ですが、
関係コストと比較すれば、決して安くはない事を理解して貰えるのではないでしょうか。

参考資料:
関税– wikipedia
税関– wikipedia
消費税– wikipedia
医療保険– wikipedia

タイトルとURLをコピーしました